東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2007/01123456789101112131415161718192021222324252627282007/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝一番の江戸川区自然動物園、レッサーパンダ放飼場は次男坊君が出ていました。
室内との入り口は開いていて、サンちゃんが中からお兄ちゃんを見上げていました。
いったん入り口の扉が下りて来て、15センチぐらいの幅を開けたところで止まりました。

入りまーす
「なんだよぉー、どうしてみんな出て来ないんだよ?」
なんと次男坊君が隙間に顔を突っ込みました。

通りました
鼻先が入っても頭蓋骨で引っ掛かると思ったのに通り抜け、肋骨で引っ掛かると思ったのに結局全身が扉のわずかな空間を通ってしまいました。
両足が完全に真横に開いていて、どういう身体の柔らかさなんだ?と思ってしまいましたよ。

しかも中からガガッと威嚇するユウユウさんの声が聞こえ、次男坊君は今度はお尻からバックするようにこの隙間を出て来ました。

次男坊でした
この次男坊があの隙間を通り抜けました。
レッサーパンダにこのフワフワの毛がなかったら、一体どんな体格なんでしょうね?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。