東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2006/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のエントリーに登場した、千葉市動物公園レッサーパンダ舎に現れたという不思議生物の話を今日も引きずっています。

モコモコ星人の中身
不思議生物の中身予想図。
中の人はかなり小柄なので、カムフラージュのために被った毛皮の頭部分が余って、下向きに垂れてしまっています。
尻尾の部分にはお弁当のリンゴが詰まっているらしいですよ。

不思議生物はかなりハイテンションで、ワオキツネザルのように二本足でピョンピョンと跳ねながら、放飼場のレッサーパンダを脅かしていました。
でも脅かされている筈のユウタ君からは、危機感をあまり感じられませんね。

画面に向かって語りかけるチィチィ
「お聞きになった? ここって不思議生物が出没するらしいのよ。物騒ねぇ」
と語っているのは、チィチィさん。

宇宙人どこー?
風太「えっ、何なに? 不思議生物どこー?」

冷静な風花ちゃん
風花ちゃん「あんな所に上っちゃって、パパってば子供っぽーい」

そんな風花ちゃんは元気があり余っているユウタの齧られたのか、耳を縁取る白い毛が一部抜けてしまっています。
その耳を見ると連想するのが視力検査のコレ↓。

左上です「左上です」

以上の風太、チィチィ、ユウタ、風花の4頭が千葉市動物公園のレッサーパンダ一家ですが、実はこの4頭の中の一頭が不思議生物に乗っ取られているのです。
それは一体、誰……。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。