東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2006/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
元気があり余っているように見える江戸川区自然動物園のレッサーパンダ、ブナ君です。
放飼場の地面の低い所ではイナズマ走りや後ろ足フミフミ、高い方の地面ではいつもの通り小走りで左右を行ったり来たり、そしてスピードを落とさずに渡り木を駆け上りスムーズに木の高い場所まで登っていました。

木の上のブナ1
この日のブナは放飼場の巡回だけでなく、木登りもとっても滑らかでした。

江戸川Zooではグイグイと木のてっぺんまで登るレッサーパンダの様子を目の前で見られるので、「レッサーパンダってこんなに木登りが上手いんだ」と印象が強く残ります。

樹の上で自由自在
幹の中腹へ真っ直ぐに登る事が出来る渡り木も二カ所にかけてあるので、ブナ君が本気を出せば静止することなく結構高い所まで行けちゃうのです。
あまりにもスイスイと登ったり下りたりしているので、本当はユウユウさんよりも木登りが上手いのでは?と感じてしまったほど。

南天とブナ
今年最後の南天の実とブナ君。
南天が大好物のユウユウさんと違い、ブナ君はあんまり拾い食いやつまみ食いはしないのだ。
だから余計に立ち止まらないんですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。