東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ったからには紹介しとかなきゃマズイでしょ、ということで一回読み切りの臥龍特集です。

このブログの愛読者の方々はお分かりでしょうが、今回の記事にはレッサーパンダは一頭も出て来ません。
たまたまジャイアントパンダに関する記事を探してココを検索で引っ掛けてしまった熱烈なジャイアントパンダ愛好家の方へ。
臥龍の話題もジャイアントパンダの写真も「この記事のみ」ですからねー。このブログ内で他を探しても、ジャイアントパンダ様のご威光の前に不遇をかこつ日陰者のレッサーパンダさん達しかいませんよ。

臥龍パンダ研究センターへは成都市内からスムーズに行って約三時間半。
成都から向かうと、全行程の最初の三分の二を一時間半で進みます。
この道路標識は、これから残りの三分の一の行程へ踏み込むT字路にあるもの。
緑色の小さな標識に「←臥龍自然保護区45km」と書いてあるのが見て取れます。

臥龍道路標識

T字路を左に入ると臥龍へ、右に入るとどこか有名な観光地(九賽溝だったなかぁ?忘れたわ)へと道は続きます。
殆どの車輛は右折していました。

この最初の三分の二の行程に関しては現在、成都から新しい道路を建設している最中で、来年(とガイドさんは言った)にはもっと便利になって、所要時間も短縮されるとのことでした。

全体の最初の三分の二を一時間半と書きましたが、私の場合は二時間かかりました。
なぜなら途中で自動車同士の追突事故のため、交通規制に遭ってしまったから。
でも30分程度のロスで済んだのは、とてもラッキーだったのです。
ドライバーさんの話によると、最近の事故では最初に警察が来て、次に保険屋が来るのだけれど、場所が場所だからなかなか到着できず、以前のツアーでは4時間待ちという事もあったそうです。
パンダ研究センターに着いた時には夕方になっていたんですって。
やっぱり新しい道路が早く出来た方がいいかもね。

こんな調子で臥龍の入り口まで来ましたが、パンダ研究センターへの旅程の本番はここからだったのです…。

[臥龍、中国大熊猫保護研究センター]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。