東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仙台市八木山動物園と言えばシーソー、シーソーと言えば八木山?
ここはレッサーパンダの放飼場にシーソーが設置してあって、レッサーパンダがそのシーソーで遊ぶ様子を見て楽しむ事もできます。

シーソー全景はオフシャルサイトでご覧下さい。

シーソー基本形
まずは「シーソーとコンタ」基本形。
シーソーの片端を両手で軽く押し下げる仕草で、お客さん達のハートをキャッチ!
この時、ほぼもれなくコンタ・スマイル付き☆

シーソーちょっと高いな
「おっと、ちょっと高いかな」

シーソー、ゼェゼェ
「何度もやっているとサ、結構重労働なんだ」――そうなの?
レッサーパンダの口の形は▽に見える事が多いですが、なんとこのコンタは口が思い切り「ヘ」の字になっています。あるいは△の形。

シーソー、ノリノリだぜぇ
「ヘイヘーイ、今度はノリノリなんだぜぇ」
軽く踊りながらシーソーを押し下げたりもしています。

シーソーの動きをじっと待ちます
シーソーが下がったらトコトコと渡って、真ん中まで来ると一旦停止。
軽く前方に体重をかけて、ゆっくりとシーソーが傾くのを待ちます。
この時、完全にシーソーの動きが止まるまで待つのが「コンタ流」。
ここでじっと立ち止まるので、この時もシャッターチャンスでしょう。

シーソーの動きをじっと待つ事ができるという点で、私はコンタに営業の才能を感じましたね。
シーソーを渡りきると大抵はそのまま下りていきますが、時々シーソーの端で座り込んで毛づくろいする様子を見る事ができます。

シーソー上でUターン
コンタはシーソーを一方通行でしか渡らないのかと思いきや、夕方近くなって逆側から渡り始めました。
でも残念ながら中央まで来てUターン。
結局一度も逆側から渡りきるところを見られなかった。

レッサーパンダにシーソー。
誰が考えついたのか知らないけれど、よくぞ閃きましたね。
次の遊具はジャングルジム? それとも雲梯?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。