東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2006/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次男坊ばかり追いかけていたせいか、最近すっかりご無沙汰していたブナ父さんです。

鼻先泥付きブナ
久しぶりに顔を見たら、顔の模様が変わった?
いえ、違います。
どこかの穴に顔を突っ込んだらしく、鼻先には泥、そして両目の間には穴の淵の形に黒く泥が付いているのです。
最高の笑顔とお得意のお茶目を披露してくれたブナ君でした。

写真には撮れなかったけれど、別の日には放飼場の岩の上でタレていたブナ君。
遠くから祭り囃子の音楽が近づいて来ました(どこかの車がスピーカでお囃子を鳴らしながら走行していたのです)。
遠くから祭り囃子が聞こえて来たら、まず顔を上げるブナ君。
更にお囃子が近づくにつれ背筋が伸び、前足が伸び、瞳をキラキラと輝かせながら遂に上半身を起こしました。

これは立ち上がって祭り囃子に合わせて踊り出すまで、あと10秒か――というところで営業当番交替のために飼育係さんが登場。
祭り囃子に気をとられ、飼育係さんの気配にすら気付かなかったブナ君は驚いて走り去ったとさ。
ブナ君、祭り囃子のピ~ヒャララという音楽はかなりお気に召したようですよ。
また聞かせてあげたいなぁ。
[やっぱり面白パンダ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。