東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2006/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成都大熊猫繁育研究基地の特集もやっと最終回に漕ぎ着けました。
またまた新顔さんのレッサーパンダがやって来ましたよ。

いらっしゃい!
「やっとこっちに来てくれたんだね!」
地面に散らばったパンダケーキを残さず食べようとしているレッサーパンダがいました。

二号活動場の二号
なんとこのパンダがいるのは、先日まで紹介していた二号活動場の右側にある別の活動場なのでした。
つまり二号活動場は一つではなく幾つかの活動場が集まった集落なのでした。
ここでは三頭のレッサーパンダ達が食べたり歩き回ったりしていました。

この活動場の周囲も回ってみたかったのですが、ガイドさんに止められてしまいました。
……いつかフリーで見に行って、思う存分活動場の周囲も観察してやる……。

ところで、お気づきになったでしょうか。
一枚目のレッサーパンダには何か足りない部分があったことを。

シッポなし横向き
そう、このパンダにはシッポがないのです。
シッポが短い個体は日本でも何頭か見た事がありますが、シッポがない個体は初めて見ました。
どうしてシッポがなくなってしまったのか、興味がありますね。

ネット上で配信される中国語の記事を読むと、成都近郊でレッサーパンダが捕獲されるとよく、この成都パンダ基地に収容されています。
先日も動けなくなって草むらに隠れていた野良レッサーが捕獲され、他の獣に襲われたらしく骨折など大怪我をしており成都パンダ基地で手術が行なわれましたが、このパンダは怪我が治っても下半身は動かないのだとか。
この施設には表からは見えなくても、こういうパンダも裏で飼育されているんですね。

二号活動場の三号
そしてダメ押しで、二号活動場群にある三つ目の活動場です。
ちょっとインドの山奥あたりにありそうな石造りの神殿風オブジェの中央で、孤独にタレるパンダが一頭。
[成都パンダ基地7、その他いろいろ編]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。