東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2006/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッサーパンダ一号活動場の手前で見学を謝辞された取材班(管理人&ガイドさん)は、当基地の最も奥にある二号活動場へと速やかに移動を開始しました。

成都赤パンダ二号舎入り口
広い遊歩道から二号活動場へと入る小道の入り口には、嫌でも目につく大看板があります。
成都大熊猫繁育研究基地のレッサーパンダの展示は、この二号活動場の方がメインのようです。

看板アップ
ご親切に日本語でも説明が書いてありますよ。
原文ソックリに書き出します。

小熊猫(小パンダ:レッサー.パンダ)
保護等級:2000年、IUCN(国際自然と自然資源保護連盟)によって絶滅危惧種に指定され。
野生の数:5000頭左右(「左右」とは中国語で「大体」の意味)
分布:ヒマラヤ山麓の温帯森林、ネパール西部からミャンマーの北部、中国西南部(四川、雲南、チベット)海抜1800~4800メートル山岳地帯。
食物:竹が主食で、他に草、植物の根、果実、苔を採食する。たまに昆虫、卵、幼虫、小ゲッシ動物も採食する。
性成熟:約18ヶ月
交配季節:1月~2月
出産季節:6月~7月
産仔数:1~4仔、通常2仔
寿命:飼育環境下では17.5歳に達する。

成都赤パンダへ続く道
看板があったからといって、すぐに活動場があるわけではありません。
看板の脇にある小道(と言っても充分広い)を登ります。
平坦に見えますがけっこう傾斜があるんです。
レッサーパンダへと続く道のりは、その距離と傾斜で少しだけ愛が試されるのです。

直進したいところですが、ここは右へ曲がった方が活動場の正面への近道です。
[成都大熊猫繁育研究基地その2]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。