東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2006/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“レッサーパンダ繁殖数日本一(『都市データパック2006年版』より)”の西山動物園、その公式ホームページで江戸川区自然動物園在住のレッサーパンダ、美美(メイメイ)様が紹介されています。→「西山動物園にゆかりのあるレッサーパンダたち」ページへ

メイメイって女の子
おや、ブナ君が立ち上がって一生懸命にボードを見上げていますよ。
「メイメイちゃんって女の子、どこ? 早く会いたいなぁ~」

メイメイは2001年秋、江戸川区自然動物園でレッサーパンダの展示が始まる時に、ブリーディングローンで西山動物園からやって来ました。
ちなみに生まれは仙台市八木山動物公園(1988年6月19日生)です。
兄弟は…、誰?

懐かしい写真を引っ張り出してしまいました(メイメイの写真は全て2002年春撮影)。
上の写真でブナ君も見ているボードは、江戸川Zooでレッサーパンダの展示が始まって最初の一年間だけ掲示されていました。
放飼場の前に立っていると、今でもこの名前ボードの復活を願う声が時々聞こえて来ます。

美しいメイメイ様
一枚目の写真でブナ君が期待に胸を膨らませている、これが「メイメイ」ちゃん。
私はその優雅(鷹揚とも言う)な動作から「様」づけで呼んでいます。

西山動物園サイトにおけるメイメイ様の説明にもあるように、濃くて鮮やかな毛色といい整った顔立ちといい、それはそれは美女パンダです。
西山動物園のサイトで見られる写真は換毛期前後のものなのか、私がこれまで見た中で最も細身のメイメイ様でした。
でもお行儀よく座っている姿がメイメイ様らしくて、久しぶりにお姿を拝見できて嬉しかったです。

見返り美人のメイメイ様
見返り美人ポーズのメイメイ様です。

木登りしている場面を見たことがなく、小屋で休んでいるか、ゆっくり散歩しているか、写真のように行儀よく座っているか、でした。
動きがゆっくりだったので写真は撮影し易いものの、なかなか姿を見せてくれなかったため手元に残っている写真も10枚程度しかありません。

2005年冬に江戸川Zooで伺った話によると、現在のメイメイ様は足が弱くなって危険なので、放飼場での展示は控えているとのことでした。
なので現在は江戸川Zooの広大な(ウソよ)バックヤードのどこかで静かに暮らしていると思います。

熊っぽいメイメイ様
ふっくらとした体型が痩せ形のブナ君と対照的だったメイメイ様。
ブナ君はメイメイ様の貫禄にビビッていたのか、あまり自ら近寄ろうとはしていなかったようです。

メイメイ様は西山動物園で二頭の子供を生み、そのうち一頭は現在あの旭山動物園で飼育されています。
陽陽という名のオスで、冒頭の西山動物園のページにも紹介されています。

陽陽の息子の中の一頭、その名もメイメイ君が今は羽村市動物公園で飼育されています。
とてもシャイな性格のため常に屋内の展示場で過ごしているそうですが、面影はお婆ちゃんのメイメイ様をよく受け継いでいるようですよ。
[幻の美女]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。