東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日に引き続き、本日もユウユウ(遊遊)さんのお誕生日祝賀デーです。

ウォーキングユウユウさん
江戸川区自然動物園のユウユウさんは、実はこの動物園の中では最も人間の近くを歩いてくれるレッサーパンダなのです。
この写真でも放飼場の手前に掘られたお堀に沿って歩いています。
レッサーパンダの基本に忠実な内股の足運びですね。

つまみ食いユウユウさん
ユウユウさんと言えば「つまみ食い」。
顔立ちは上品ですが、意外と庶民派なのです。
いつも放飼場に植えられた笹の一種と思われる植物を、来園者のすぐ近くまで来て熱心に食べています。
ユウユウさんと我々の距離は、近すぎて写真に収まりきらないほどです。

すぐ近くのユウユウさん
お堀には水は張られていないしレッサーパンダ側からは上り下りができるように階段もしつらえてあるので、ユウユウさんはお堀に下りて来ることもしばしばです。
ブナ君ほどニンゲンを観察するわけではないユウユウさんですが、時々こうして来園者を見上げたりしています。
特段ニンゲンが嫌いということではなさそうですね。
見上げる仕草の時のユウユウさんは、大きな目がいっそう際立ちます。

滑る枝は苦手なユウユウさん
「やーい、お母ちゃんのへっぴり腰ー」
息子の次男坊君が笑っているようです。
放飼場に新しい枝が配置されると真っ先に上るほど行動力のあるユウユウさんですが、このツルツルと滑る枝はちょっと苦手です。
この枝を渡る時は、いつも四肢を曲げて低く構えた姿勢でソロリソロリと歩いています。
最近は次男坊君の方が、この枝を使って行ったり来たりするのは上手になってしまいました。

毛玉ユウユウさん
毛玉。一家に一体は欲しいですね、この毛玉。
体操競技風に言うと、上体起こし半捻り。

ユウユウさんが江戸川Zooに来てから、美しいレッサーパンダをいつでも見られるようになったこと、ブナ君との駆け引き、そして赤ちゃんパンダの誕生と、動物園へ行く楽しみが何倍にも広がりました。
どうかこれからも末永く、江戸川Zooで美しく元気に暮らしてくださいね。
[高貴なる庶民派]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。