東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨の合間の今ひとつハッキリしない晴れの日は、カラッと爽やかとは行かずジットリと湿度の高い一日でした。

ブナ夏営業
こんな暑さの日は、江戸川区自然動物園のレッサーパンダ放飼場は夏季営業体勢になります。
冷房の効いた屋内と暑い放飼場を仕切る扉は半開きになり、営業当番は当然ブナ君です。

梯子くぐりブナ
流石は野生動物と思わずにはいられないのが、姿の見えない妻や息子の匂いをたどって、普段は行かないような場所へブナ君が足を運ぶことです。

草に誘われるブナ
しかも、他のレッサーパンダが歩いた場所を移動しながら、やっている事はブナ君オリジナルなのです。

ニョロぶな
にょろ~ん

通り抜けたブナ
妻や息子が齧った葉っぱの匂いを追って、遂に梯子をくぐり抜けたブナ父さんなのでした。

もっと細かく連写ができるといいのですが、今一つスペックの優れていないデジカメなので、データの書き込み時間が恐ろしく長く、その間にシャッターチャンスを逃す事がとても多いのです。
転職したら最初のボーナスでデジカメを新調しようと決めている管理人、週明けの月曜日には面接に行ってきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。