東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドカップなのでございます。
本日未明の開会式は、伝説の名選手達の入場行進に心臓をバクバクいわせ、その結果今は眠い目をこすりつつブログを書いているのです。

一方、こちらはワールドカップなんか関係ない動物園のレッサーパンダです。
運動神経は悪い筈ないのに、何となくモタモタッとして見えるのは可愛らしすぎる外見のせいです。
今日はなんだか柔らかそうな写真を見つくろってみました。
モデルさんは全部、江戸川区自然動物園の次男坊君です。

軟体パンダ
梯子の脇を通り過ぎるのかと思いきや、梯子に身体を巻き付けるようにして前半身だけクリッとこちらに向きました。
何をやっているのかと思ったら、梯子を齧っていた。
このまま徐々に梯子に巻き付いていきました。

立位体前屈パンダ
立位体前屈+50センチ。
ちょっとだけ膝が曲がっているのはご愛嬌。
この写真は岩を下りているのではなく、この姿勢を維持して水を飲んでいました。
前に滑り落ちないのが不思議です。

エクソシスト?パンダ
この写真はそれ程でもありませんが、レッサーパンダは首も柔らかいです。
木登りしてると思ったら、たまに首だけクルンとこちらを向いたりします。
そんな時、ちょっとだけエクソシストを連想します。

後ろ姿ナンバーワン
軟体写真ではありませんが、最近の「撫でたい背中」ナンバーワン!
この安定感、このモコモコっぷりといったら!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。