東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『Photolog Zoo』(@ぴっぴさん)のエントリー「食い意地はってます」にトラバします。

江戸川区自然動物園で昨年生まれた子レッサーパンダは、遂に放飼場の竹をよじ登り葉っぱをつまみ食いするまでに成長しました。
母パンダのユウユウさんに引き続き子パンダにも葉っぱを食べられ、たぶん竹はもう瀕死の状態だと思います。

登るよ次男坊
▲画像をクリックすると動画(約40秒)も見られます(新しいウィンドウが開きます)。

この竹はユウユウさんの大好物なのですが、今までユウユウさんにつまみ食いされるだけでも植物としての生命の危機だったのに、今後は攻撃(つまみ食い)が二倍に増えるのです。
この竹が枯れてしまうとユウユウさんの一番の楽しみがなくなってしまうので、なんとか生き存えて欲しいものです。
放飼場に同じ種類の竹が増えれば、竹の一本一本への負担が減ってパンダ達にも嬉しく、来園者にも楽しくなるのになー。

竹渡り次男坊
運動神経の良いユウユウ母さんに比べると、次男坊くんはまだ屋根から竹へと移動するのも手間取っています。
この時も下に落ちるかと思ったら、しばらくためらった後でピョンと飛び移りました。

ぴっぴさんトコの動画では、手前の竹に片足をヒョイとかけて遠くの竹へと移動するユウユウさんの華麗な姿が見られます。
また、竹から下りる時も次男坊は面倒くさがってか飛び下りてしまうのですが、ユウユウさんは一歩一歩、枝に足をかけながら下りていきます。

次男坊くんがマゴマゴしていた動作も、ユウユウさんは何事もなくやってのけるんですよね。
クレバーなのか運動神経が良いのか、ユウユウさんは何をやってもスマートです。
これも全ては竹の葉っぱを食べるため…。
[竹、受難の日々]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。