東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2006/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野毛山動物園のレッサーパンダというとポスターに採用されるのはキンタ嬢、放飼場に出ていても目をひくのはキンタ嬢。
一方のモモタロウといえば、まだそんな年齢でもない(1997年生まれだから今年9才)のに顔を見て「こっちはお爺さんだよね」と言われる始末。

野毛山で二頭仲良く

この二頭は私はずっと、単なる同居パンダの関係だと思っていたのですが、色々な方のブログやサイトを拝見して、どうやら実はそんなクールな関係でもないらしいことが判り始めました。
二頭の仲良しぶりは「工藤君のホームページだよ~ん」のトップページに詳しく掲載されています。

スマイリーモモタ
「好々爺」という言葉がよく似合うモモくん。

この二頭が向こう側とこちら側から歩いて来て、正面で出会ってしまいました。
当然顔立ちも派手で気の強そうなキンタ嬢が我が道を突き進むと思いきや、自ら進行方向をスッと外れ、モモくんに道を譲ったのです。

GW中の野毛山動物園レッサーパンダ放飼場の周囲は、人々がギッシリと取り囲むような状態でした。
だから私以外にもこの場面を目撃した人が何人もいました。
皆口々に「道を譲ったよね」と言い合っています。
私の隣にいた男性が呟きました。「へぇー、白い方が偉いんだ!」

お花とキンタ
野毛山クイーンという感じのキンタ嬢ですが、意外と優しいところを見せてくれたのでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。