東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二週間以上動物園に行かないと、ネタ切れに陥ります。
今週は苦し紛れのお蔵出し特集になりそうです。

撮影技術にはこだわっていないため写真のレベルは低空飛行のままですが、枚数だけは年代別にそれなりの数が揃っています。
本日の主役は江戸川区自然動物園レッサーパンダ放飼場の小屋(ログハウス風)です。

2002年4月14日
2002年の小屋
レッサーパンダの公開が始まって半年、小屋はピカピカ、メイメイ様はニコニコ。後ろでうずくまるブナは何を思う。

2003年4月19日
2003年の小屋
まだまだ新しい小屋とお決まりのポーズのメイメイ様。この後、ブナは小屋の床下に潜っていました。

2004年4月10日
2004年の小屋
少しだけ色がくすんだ小屋とブナ。そしてこの日はメイメイ様はおらず、あどけない顔のユウユウちゃんが放飼場の片隅にいたのでした。

2005年4月17日
2005年の小屋
ロン君と小屋。実は屋根の下の方や横の壁をロン君がガリガリと齧ったので、この数ヶ月で小屋はかなりボロくなりました。
ロン君はこの日は既に尻尾を怪我していたものの、耳の毛はまだタップリとありました。

2006年3月26日
2006年の小屋
なんだか一年で随分とくたびれた小屋とパンダ一家。立ち上がって笹を食べるユウユウさんと、屋根に上がる事を許されている次男坊(左)、小屋に近づこうとするとユウユウさんに威嚇されてしまうので後ろの方を行ったり来たりするブナ(奥)。

四年間の小屋の写真を集めたら、自ずとレッサーパンダ全員集合になりました。
あと何年、この小屋とその周辺で戯れるレッサーパンダ達を見られるのでしょうね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。