東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寝込んでなんかいられません!
皆様よくご存知のリッピさんのブログ「動物園でお散歩」4/10のエントリー記事を、まずはご覧下さい。

本日の記事はひらかたパークのレッサーパンダのようです。
一枚目の写真は後ほど触れるとして、二枚目の写真。
「うひょー、これは超美女の黒レッサーパンダだわぃ。フムフム?リンリンさんという名前なのね」

続いて三枚目の写真。
「あら、女の子なのにブーちゃんという名前なのね…」



ちょ、ちょっと待て!
「ひらかたパーク」「黒いレッサーパンダ」「ブーちゃん」と言えば…
雪のブーブー
関東のレッサーパンダ好きの中には熱烈なファンもいるという、多摩動物公園のブーブーのことではありませんか!
黒くてイケメンでデッカイ多摩の親分パンダ、ブーブーのキーワードとぴったり一致するのです。

ブーブーは1997年7月ひらかたパークで生まれ、2001年2月に多摩へやって来たのです、のっしのっしと。(そして多摩の親分の地位を襲名したわけですな)→ウラは取れているんだゼ(多摩動物公園ニュースへ)
多摩へやって来た時ブーブーには名前がなく、ひらかたパークにいたころはその外見的特長から「ブーちゃん」と呼ばれていたので、多摩でブーブーと命名されたのだそうです(たぶん茶太郎の命名式の時に聞いたお話です)。

それでは、あの超美女リンリン様はブーブーのお母様で、ブーちゃんは妹で、四枚目の写真のゆうゆう君はお兄ちゃんで、リンク先のみさき公園の陽陽や、光光&風風(イケメン兄弟らしい)はお兄ちゃんやら弟たちで、更には西山動物園在住のシュンシュン(ひらパー出身)も弟なんですか!
リンリン様は八頭ものお子をお産みあそばしたそうなので、さすらいの風来坊っぽいブーブーには、実はシンシン父さん&リンリン母さんと七頭の兄弟がいたのです。とんだ大家族だな、オイ。

ブーブーの娘達がナミちゃん(市川市動植物園在住)、ノアちゃん(八木山動物公園在住)等美少女揃いなのも当然だったのです。このリンリン様の孫娘なのですから。
更に陽陽、光光、風風の中にはブーブーそっくりな個体もいます(余談ですが雄ばっかり三頭一緒というのは、せっかくの美形遺伝子が勿体ないと思います)。

そして女の子なのにブーちゃん。ひらかたパークってブーブーがいたころから、ずっと「こんなノリ」なんですか。楽しそうな所ですね。
もうすぐお嫁に行ってしまうとのことで、そこで黒くて美形でデッカイ遺伝子をビシバシ遺してくれることを願っています。
ここまでくると、お父さんのシンシンにメチャクチャ会いたい。

しかし、リッピさんの記事はこれだけでは終わらなかったのです。
そこには更なる衝撃の事実が…!
[もしや、あなたはお母さん!? そして衝撃の事実が…!!]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。