東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
殺伐とした話題が続いてしまいましたが、人間の思惑とは別のところでレッサーパンダ達は飄々と暮らしています。
ブナ父さんの視線の先を、一緒になって目で追う次男坊の仕草が無邪気で可愛らしいのです(写真三枚とも手前にいるのがブナ、奥にいるのが次男坊)。

父を観察する息子1
「あ、おっちゃんが来た」

父を観察する息子2
「なになに? 下に何かあるんか」

父を観察する息子3
「なんや何見とるんや? 気になるなー」

ちょっとやそっとの事ではへこたれない好奇心いっぱいの子パンダの行動は、見ていて心が和みますね~♪

動物の毛皮を売買している人、時間を作って私と一緒に江戸川区自然動物園のレッサーパンダを開園から閉園まで観察しませんか。
アンタらが一つの命を毛皮という商品に変えてしまったレッサーパンダが、どんなに一生懸命に生きているか、半日かけて見てみるといいですよ。
特に次男坊なんか健気に日々を過ごしてますから。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。