東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2006/03123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ二日ほど、私の書く文章がまるで奥歯に物が挟まっているかのように感じられた方は、行間を読み解く能力に優れていらっしゃると思います。

げろっぱさんのブログ「レサパンだれだれ日誌」、3/23,24のエントリー記事を読んでからというもの、風太君の体調が気がかりでなりませんでした。
人相が変わって見えるほど風太君が激ヤセしてしまった原因は、動物園側の言うように「換毛中」だからなのか、それとも何かしらの障害を抱えているからなのか、自分の目で確かめるべく本日は休暇を取って千葉市動物公園へ。
細身の風太

結論から言えば、「どちらか解りません」。
確かに換毛には違いないでしょうが、そこに何らかの疾患が伴うのかどうかは、どうしても解りません。
そうですよね…、見るだけで解るなら、あらゆる動物の飼育員さんはとうの昔に自分の担当する動物の病気を見抜いている筈。
それでも忙しい飼育員さんが見逃した物をキャッチできないかと思いましたが、やっぱり解るわけはありませんでした。
せめて風太に体重の変化があったのかどうかを飼育員さんに伺いたかったのですが、それもできませんでした。

ただ、昨年来のストレスが二頭のレッサーパンダに影響を及ぼしているのは間違いないと思います。
理由その1は、換毛が始まるのが早すぎること。
理由その2は、昨年は目立った換毛のなかった風太が、今年は人相が変わるほど換毛していること。

昨年は全国的にレッサーパンダ達は、観客増により従来とは異なるストレスを感じていたと思います。
各地のレッサーパンダの今年の換毛がもし例年より激しかったとしたら、是非ストレスと換毛の度合いの関連性を、研究できる立場の方に考えていただきたいです。

そして千葉市動物公園には、レッサーパンダの新展示場の建設を延期するわけにはいかないでしょうか。
来園者のざわめきとフラッシュに慣れようとしているパンダ達を、更に違う環境へと送り込むのは、あの小さな身体に負担が大きすぎやしませんか。

風太君はよく空を見上げています。
夏場でも来園者が姿を見られるよう空調の利いた部屋にパンダを入らせ、風太の好きな空すら見られなくしてしまうのでしょうか。
風太君は天然の風に包まれてこそ、風太なんだと思うのですが。
[風太の空]の続きを読む
スポンサーサイト
ハッと気付けば色々なニュースが検索でピックアップされたので、本日まとめてご紹介します。

レッサーパンダなどに新遊具 仙台・八木山動物公園(河北新報2006年3月25日)

この冬、多摩動物公園から八木山動物公園に移動した美少女ノアちゃんに関する記事です。
新入りノアちゃん&タラ君の4月公開開始に向け、新しい遊具が導入されたようですよ。







引 用 新しい遊具は、レッサーパンダ舎のシーソー2基と、サル山の観覧車1基。設置費用は合わせて105万円。 シーソーは先日設置されたばかり。幅3メートル、高さ1メートルで、中央部には直径30センチの円形餌台がある。4月上旬に仲間入りする2匹を加えた計4匹のレッサーパンダが、餌台のリンゴを食べたり、勢いよくシーソーを駆け上がったりする姿が見学できそうだ。

遊具で遊ぶ美少女ノア

これは今年の1月に撮影したノアちゃん。 大雪が降りしきる中、竹の遊具で遊ぶお転婆な美少女ですから、勢いよくシーソーを駆け上がったりするノアちゃんにも会えること間違いナシ。
[レッサーパンダ・ニュース色々]の続きを読む
転がるミンミンちゃん

ミンミンちゃんプロモーション週間の最後は、とびっきり可愛らしい写真で閉めたいと思います。

夢見ヶ崎動物公園の明明(ミンミン)ちゃんは時々こうして笹とたわむれながら食べています。
身体を起こしている時は、ときどき顔が横長になってちょっぴりブーちゃんに見える事もありますが、こうしてコロコロと転がって遊んでいる姿は他の追随を許さないぐらいキュートです。

本人は充分カワイイので、後はこのアイドル遺伝子を是非後世に残して欲しいと願うばかりなのです。
今日も今日とて夢見ヶ崎動物公園のレッサーパンダ。
友友ちゃん(手前)と明明ちゃん(奥)姉妹が楽しそうにレスリングしています。

姉妹でレスリング
[レスリング姉妹]の続きを読む
毛玉が三つ

午後二時半すぎの夢見が崎動物園では、レッサーパンダが三頭全員仲良く毛玉のようになって眠っていました。
台の上段に雄雄、下段中央に明明(ミンミン)ちゃん、右側に友友(ユウユウ)ちゃん。そして周囲にはウンチョがコロコロと沢山。

三時近くになって、一頭が起きるとつられるように全員が顔を上げて行動開始。

雄雄とミンミンちゃん

まだ半毛玉状態の雄雄を見上げるミンミンちゃん。
顔は横顔、身体は正面向きでまるでエジプトの壁画のような、そして座って顔を上げるポーズはフラッシュダンスのような(古ーい)、とにかく一挙手一投足が絵になるミンミンちゃん。

このコ、人間だったら絶対アイドルになれるわ…!
三月某日、仮病で会社を休んだ管理人は横浜中華街で探し物をした帰り、夢見ヶ崎動物公園に寄ってみました。

グラビアアイドル

お姉さんの友友(ユウユウ)ちゃんにレスリングのおねだりをする明明(ミンミン)ちゃん。

やっぱり夢見は夕方行くに限ります。
長い昼寝から目覚めた明明(ミンミン)ちゃんは精力的に食べては遊びの繰り返し。
見ていて全く飽きません。

この日のレッサーパンダ達はミンミンとユウユウが仲良く遊び、雄雄(ユウユウ)君は姉妹どちらにも分け隔てなく迫るものの、どちらからも邪魔にされていました。
なんだか雄雄には繁殖する気があるのに、雌二頭にはその気がないというように見て取れました。
実際のところはどうなんでしょうね?

もっと押しの強いオスの方が、姉妹に繁殖しようという気分をもたらしてくれるのでしょうか?
雄雄君は顔はキリッと男前だけれど優しすぎて、姉妹にとってはいい同居人(同居パンダ)になっているような気がしました。
夢見ヶ崎動物公園の明明(ミンミン)ちゃんです。
みんみん


コロコロと床によく転がる明明ちゃん。
笹で遊んでいるところ。
手前は友友(ユウユウ)お姉ちゃん。
このブログ『RedPanda Mania ~レッサーパンダ・マニア』は現在二世代目になります。初代ブログは下記のリンクから、2002年2月~2006年3月までの記事をご覧いただくことができます。
RedPanda Maniax(初代)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。