東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2006/03123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フェニックス自然動物園のつづきです。

奥の部屋から先ほどまでフランツさんがいた屋内展示室に出して貰ったレッサーパンダのスイカ君。そんなスイカ君もまどろむ午後三時前。
宮崎リンゴタイム1

レッサーパンダ達の大好きなリンゴの時間がやってまいりました。まずは放飼場手前のお立ち岩まで出て来て貰ってリンリンさんから。
宮崎リンゴタイム2

つづいて室内のスイカ君にも。
宮崎リンゴタイム3

しかしフランツさんはキーパーさんがリンゴをチラつかせても樹上から下りてきません。リンゴで釣ることのできないレッサーパンダもいるのですね。
宮崎リンゴタイム4
[宮崎リンゴタイム]の続きを読む
スポンサーサイト
宮崎市フェニックス自然動物園の午後12時半、レッサーパンダ追っかけ隊の期待をあざ笑うかの如く、麗しのフランツさんは放飼場に出てくるやいなや樹上のパンダさんとなりました。
ライブカメラのアイドル6

その代わりに活動してくれたのが、フランツと同時に放飼場に出されたリンリンさん。先ほどまでは屋内展示室からも姿を見ることが出来ない秘密のパンダさんでした。
ライブカメラのアイドル3

営業やる気ナッシングなフランツさんに代わり、18歳のリンリン婆ちゃんが放飼場を歩き回り竹の葉なんかも食べちゃいます。
ライブカメラのアイドル4

そしてフェニックスZooのレッサーパンダ展示と言えば、昔からお世話になっていたのがライブカメラです。
[ライブカメラのアイドル]の続きを読む
冒頭から私事ですが、我が家の先祖の石像が宮崎県延岡市に立っています。両親とも宮崎の出で、私の苗字は宮崎では非常にポピュラーです。そんな我が家の心の故郷ともいうべき宮崎県の動物園に、やっと来ることができました。

しかし心の故郷のわりには、この動物園で私には戦わねばならない対象が幾つもあったのです。
というわけで、本日のエントリーは宮崎市フェニックス自然動物園です。

レッサーパンダ放飼場に着くと、いきなりピチピチのイケメンパンダの登場です。安佐Zooからやってきたスイカ君です。
生垣と室内と1

スイカは江戸川Zooのブナの二つ年下の弟です。兄ちゃんよりかなりイケメン度が高いのは、このキリリとした麿眉のせいですね。

しかし我々がレッサーパンダ放飼場に到着して5分と経たないうちに、スイカは放飼場の後方にある生垣に上って、昼寝の態勢に入ってしまったのでした。こうなると『Focus』か『Friday』かという写真雑誌的かつ隠し撮り的写真しか撮れません。
生垣と室内と2

レッサーパンダ的に居心地良すぎるらしい生垣。その中央にスイカ。
生垣と室内と3

ニクイ。この居心地良すぎる生垣が憎いわ!
[生垣と室内と]の続きを読む

スイカ君です。
江戸川Zooのブナ君の弟です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。