東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上野動物園のレッサーパンダ放飼場に行ったことのある方で、上野レッサーズを撮影するならこの場所がオススメ!というポイントをご存じの方はいますか?
私がこう質問されたら、「上野ですか…(ため息)」ってなります。

昨日は用事があって昼過ぎから上野動物園に行ったので、チャオとアンアンにも会って来ました。
普段上野Zooでレッサーパンダを見る時は朝一番で動いているところを見て、昼頃には他の動物を見に行っていたので知らなかったのですが、12時~15時頃のレッサーパンダ放飼場はアクリル板の反射で内側が殆ど見えません。カメラで撮影どころの話ではありません。どの程度見えないかと言うと、アンアンの毛並みがフワフワか毛が抜けて細身になっているかが判別できない程、見えません。

アクリル板に映る木の影を利用しながら撮ったチャオ。
バッチリ目線を貰ったのに、アクリル板の反射が…。
都内の難所3

やっと全身が見えたアンアン。お腹から後方にかけて、けっこう換毛が来てますね。
都内の難所4

偶然が重なってカメラに収めることができたツーショット。
ほんの一瞬、わずかに出来た物陰に二頭が入ってくれました。
都内の難所2

いやー、本当に参った!
アクリル板の内側が見えるのは長方形の放飼場の短辺に当たる二か所からのみ。そしてレッサーパンダ達が樹上に上がっても日の当たる不忍池側に背中を向けることが多く、顔の向いている側に回ると逆光のため肉眼ですらよく観察できません。

そんな中で頑張った、本日のベストショット。
多くのレッサーパンダが成長していくにつれて黒くなっていく目の周辺と唇ですが、チャオは部分的に白いままです。
都内の難所5

繁殖期のためか、これまで行動しているのを見たことがなかった場所でアンアンは歩き回っていました。地面を奥から手前に向かって真っすぐ歩いて来てくれて、偶然その場にいたお客さん達は可愛らしいアンアンの表情をよく見ることができて大喜びしていました。
都内の難所6

上野はね、そこに居るレッサーパンダの素材は良いんだよね。

日曜日に上野Zooに行った理由は、こちら↓です。
リーリーシンシン記念講演会

事前申込制の抽選制、しかも当日の会場は満員で補助椅子も出ていたほどだから、抽選の倍率も高かったのではないかと察します。そんな中、赤パンダマニアが貴重な椅子に当選してしまってジャイアントパンダファンの方々には少々申し訳ない気分しきり。

赤パンダマニアとして興味深かったのはパンダの粘膜便に関する考察で、リーリー・シンシン来日から一年間の竹を食べる量と粘膜便(通称パンダ病)の出た時がグラフ化されていました。そのグラフの分析によると来日後の不安定な時期に何度か粘膜便が出て以降、次に粘膜便が出る頻度が高くなった時期が夏から秋にかけて竹の食いが落ちた時だったとのこと。腸壁を守る粘膜と堅い竹の食いの間に何か関係あるのではないかというお話でした。

しかし上野のジャイアントパンダの放飼場を見るにつけ、どうせジャイアントパンダが木登りしないのなら、黄太郎とテンテンをこの放飼場に放してしまえばいいのにと思ってしまいます。秘密のパンダさんと化した二頭、いつまで日の射さない屋内での飼育が続くのでしょう。
都内の難所10

オカピ様が屋内に収容されると、ようやく見ることができる黄太郎とテンテン。16:45頃見に行ったら、一頭は背中を向けて竹を食べていましたが、もう一頭が展示エリアを巡回していました。群がった来園者を見るために時々フェンスぎりぎりまで近寄って来て、これまたお客さん達をして「レッサーパンダがこんなに可愛いなんて!」と言わしめていました。フフン♪

さて、冒頭のテーマに戻ります。
上野レッサーズのオススメ撮影ポイント。このフェンスの隙間にカメラのレンズを押しつけて撮影すると…
都内の難所9

こんな写真を撮ることができます。
都内の難所8

ただし腰痛になることは請け合い。あ、胴長の男性なら大丈夫かも?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
上野のレッサーパンダ
 お久しぶりです。いつも楽しく拝見させていただいています。
 大阪市の入札公告に「レッサーパンダの動物輸送業務委託」があり,上野から天王寺にオス1頭が輸送されるようです。もしかしたら黄太郎とテンテンのどちらかでしょうか。
(大阪市HP)
http://www.city.osaka.lg.jp/templates/gyomuitaku_nyusatsuanken/yutoritomidori/0000156767.html
2012/02/21(火) 23:10 | URL | フィット #-[ 編集]
フィットさん
いつもありがとうございます。このような形で動向を知ることができるとは、また一つ勉強になりました。
責任発生の時期とか輸送が原因の問題発生とか、まるで貿易の書類を読んでいるようです。

天王寺というとシュウナちゃんのペアの相手を替えるということでしょうか。シュウナとは姉妹のクウちゃんは黄太郎の兄弟の茶太郎とペアですし、黄太郎とテンテンは両親共に兄弟姉妹で血統的にはかなり近いので、黄太郎・テンテンどちらも移動の可能性がありますね。
動物園からの正式な発表が楽しみです。
2012/02/22(水) 16:30 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
わたくし事
ご無沙汰しております。最近トップバリューの子供用駄菓子コーナーで「うんちょこ」というお菓子を見つけました。
株式会社 チーリン製菓さんが作っております。食べたあとの箱を職場のキーボードのところに忍ばせて癒しながら働いてます。モチロンレサパンもありますよ。ジャスコ系の店にあるかもしれません。
2012/02/22(水) 22:33 | URL | ぱんまに #d1RC2HPE[ 編集]
ぱんまにさん
ジャスコは江戸川Zooの近くにあるので、次回ブナ君に会いに行く時にチェックしてみます。でも「うんちょこ」っていうネーミングが笑える。どんなお菓子なのか見るのが楽しみです♪
情報ありがとうございました。
2012/02/23(木) 22:09 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
建設業なので、一般競争入札に参加しておりますがパンダの運送も入札執行されているなどとは思いもよりませんでした。
毎回決まった会社や動物園自らが行うものだと思っていましたが…
勉強になりましたΣ(゚ロ゚;)
3月の春休みに天王寺行く予定ですが移動前ですね…
2012/02/24(金) 11:11 | URL | ピヨうさぎ #LWshcgts[ 編集]
ピヨうさぎさん
東京―埼玉間程度の距離でレッサーパンダほどの大きさの動物だったら動物園の車輌で運んだりするのでしょうか。動物を運ぶ専門の業者さんがいるのは聞いていましたが、入札で決まるのは知りませんでした。
なにせ動物の命と健康がかかっている仕事ですから、お値段ではなく充分に実績のある業者さんを選んでいただきたいものです。
先日のジャイアントパンダ講演会では、リーリー・シンシンの運搬は前回と同じ業者さんが請け負ったけれど動物の入るケージが進化していたそうで、もし協力が得られればそんな業者さんの話も講演会の盛り込みたいという話題が出ていました。
2012/02/25(土) 09:43 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
チャオちゃん、残念ですね
今日見に行ったら、チャオちゃんは天国に旅立っていたんですね、、。残念です。
2012/12/13(木) 19:35 | URL | 六 #-[ 編集]
六さん
せっかくコメントをいただいていたのに、一ヵ月も放置してしまい失礼しました。
チャオの事は残念でなりません。まだ若かったのに何故と思ってしまいます。血統の問題がないのならアンアンとキタロウを一緒に展示して欲しいと思っています。
2013/01/21(月) 23:08 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/809-02c7f051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。