東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊豆大島・大島公園動物園のレッサーパンダ。本日は個体の紹介をば、どうぞ。

メスのレッサーパンダ、アイリちゃんは長野県からやってきた、ただいまピチピチの3歳。


実物はつぶらな瞳が印象的で、もっと優しい顔立ちに見えるのですが、写真で見ると麿眉の形のせいかキリッとして見えますね。

↓これは、たぶん半年ぐらい前に作られた個体紹介。今は誕生日が過ぎて、1歳年をとりました。
アイリちゃん1-0
アイリちゃんは2006年6月20日、長野市茶臼山動物園の生まれだそうです。

個室で竹の葉を食べるアイリちゃん。竹の葉は琥太郎の方がよく食べるのだそうです。
アイリちゃん1-2
見よ、乱れ一つない、この毛並み~~!

もう一枚、個室でお散歩する様子。どうしてこの狭い穴をわざわざ通るのかな?
アイリちゃん1-3

一方こちらは、キャットウォークの反対側にある屋外放飼場側の建物内。
ガラス越しのうえ檻も抜けていないためボケていて済みませんが、奥側の梯子がアイリちゃん専用のキャットウォークからつながっています。
手前の梯子は琥太郎専用のキャットウォークからつながっています。
アイリちゃん1-5
アイリちゃんはこの場所で、飼育係さんから食事のリンゴを手渡しで食べさせてもらっていました。

そして上の写真から、台の下に降りたところ。
アイリちゃん1-4
先日は、この建物につながる琥太郎側の入り口は下ろされていたので、ここに来られるのはアイリちゃんだけでした。
アイリちゃんの溜めフン場はこの右下です。琥太郎の溜めフン場は後日のお楽しみ♪

キャットウォーク上のアイリちゃんのお尻。
アイリちゃん1-6
アイリちゃんの毛質は琥太郎に比べて、きめ細かで柔らか、毛色もミルクティのような明るくて柔らかな色調でした。

キャットウォークを屋外放飼場側から歩いてくるアイリちゃん。動画の方か顔が判り易いですね。


琥太郎のようには、アイリちゃんは檻を下りる事ができないため、飼育係さんが補助の梯子を付けてくれました。
でもどうして梯子の真ん中を下りないのでしょう。

明日もたぶんアイリちゃん紹介が続きます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
アイリが懐かしくていとおしくて本気で涙ポロポロ(;0;)。yo-coさんありがとう。
こうしてみると、セイナによく似ています。きっと大島の肝っ玉母さんになりますね。
琥太郎~アイリをよろしくね。会いに行きたいなあ。
2009/09/28(月) 21:56 | URL | はっしー #-[ 編集]
梯子を下りてきたアイリちゃん、横の琥太郎を、気にかけることもなく、また登っていっちゃったのね。
琥太郎君、気にしてる様子でしたね。
キャットウォーク、パンダの毛がほろりなんて、お近づけできていいな。
2009/09/28(月) 22:21 | URL | いまちゃん #wb.gbiOU[ 編集]
はっしーさん
飼育係さんが、「アイリちゃんの母親は気が強いらしい」と仰っていましたが、きっとオスを威圧する強さじゃなくて肝っ玉系の強さなのでしょうね。
11月には茶臼山に行くので、どんな子育てをしているのかセイナさんに会えるのが楽しみなのです。
はっしーさんも、アイリちゃんが子育てをし始めたら、是非観察しに行ってあげてください。
2009/09/29(火) 15:27 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
いまちゃん
アイリちゃんは琥太郎にご挨拶してくれる時もありますが、大抵はスルーしてマイペースで動いています。
でも檻越しに琥太郎が近づいても威嚇したりしないので、取り付く島もないわけではなさそう。
キャットウォークの下に立っていれば、パンダ達のグルーミングの後は毛がたくさん舞っていますよー。一本ずつだから、集める気力は起きませんでしたが。
2009/09/29(火) 15:36 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/514-e85f346f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。